メンテ07トップへ

そうまの奇妙な冒険   第3部 フロント回りオフセット化への道

2007年はイジリー岡田師匠もビックリってくらいいじってます。

ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ…






ラブピーファイナル後、ネック回りのガタつきを確認したので
修理を兼ねてとうとうスプリンガーフォークをインラインからオフセットへ交換いたします。







インラインとオフセットの違い、その他フレームとの兼ね合い等を知りたい貴方はやっぱり

河 童 堂 を 見 よ う N E !





  

サクッ♪ とフロント回りを抜きます。
今まで付いていた1939年のリアレッグ お宝パーツです。
恐ろしいほどの部品が付いているものです。寄せ集めパンヘッドの醍醐味(爆)

フロントレッグも純正。 コチラは再使用します。

39リアレッグは30年代乗りのマニア  すぷさんのナッコに取り付ける予定です。
そしてすぷさんの37−38レッグがNORIさんのULに行くという…

変態トライアングルが完成ですw












ヘタっていたネック周りの部品をAAOKへ注文入れます。




そ し て ♪



来ました!純正スピードスター!!!
またまたKTさんのお世話になりました♪いつもすみません。

間違いなく僕のバイクで一番ヤレた部品ですね♪







           ヤレヤレだぜ…







ハンドルに配線、ワイヤーを通します。



端子のハンダ付けも怠っちゃあいけません。

スパイラルの中の当たりがあったのでソコも出来るだけ綺麗に削りました。












そんな事をしていると注文パーツも届きました。

  が!

ネックベアリングレースが上下ペアで買ったのに片方しかない…
その後2週間に渡り、苦手な英語でAAOKとやり取りするも相手が全くやる気がなくとうとうPAYPALにて争議。


その後も音沙汰なく争議をエスカレーションさせPAYPALに仲裁に立ってもらう事に…



エスカレート後わずか数時間でパーツ発送との返事が(怒)

アホかAAOK。もう2度と買わない。















やれやれ取り乱しました…(汗)  気を取り直して。









部品が揃うまでヒマだったんで試しにリフターブロックをパンヘッド純正に交換する段取りしてみました。

 
       パーツは既に持ってました。                ショベ純正リフターブロック           



ためしに組んでみたら何とそのままいけそうな雰囲気…



ガタも無く、しっとり動く感じでした。  いけるか!?














組んじゃいました(爆)   イエーーーーーー♪



はいどらさんから頂いていたパンヘッドの純正リフターブロックです♪

やっぱチョ→格好良い〜!

キックした感じではかなり良さそうですが…

エンジンかけて駄目そうならリフター買わないとw










そして数ヶ月に渡り探していたリアレッグ。




ロータリースポーツの社長さんに出していただきました。要修正ですが完璧なヤツなど出てこないだろうと。
でも結構曲がってますよw




ブラストかけて美人に♪


ステムシャフトを差し替えたり、曲がりを修正かけたりクラック修正など1ヶ月くらい掛かったでしょうか。
つちやさんにかなりお世話になりました。


モチ、大変すぎて画像なんて一切ありませんw




塗装も勿論つちやさん♪フロントレッグもついでに塗ってもらいましょう。   バイク屋ですか?






ここからは仕上げのみです。

       その1    ウレタン注入

       その2    THE・3倍速

        その3    そして完成★



その2、3の画像は塗装マスターのつちやさんから送られたものですが…

塗装の腕はスバラシイ!でも写真はピンボケね(爆)













サクサクと組んでいきます。ここでお持ち帰りです。



サクサク♪



サクサク♪



全てを組み付ければ…





出来た〜♪



さて、検証ですw

Before          After
 

フレームとの隙間、立ち姿…

やっぱ違うね〜♪ この形が欲しかった!

後光が射してるしw




よしっ! 第3部完!(爆)





2007年  ラストメンテナンス。




スプリンガーも無事稼動するようになって満足でしたがやはり持病再発…


もう年の瀬ですが最後にもうひとバラしw





僕のドラムブレーキのバックプレート。バラしてみると



実は…





こんなにバカなんです(爆)  ピボットスタッドが溶接してあります…




本来こういったパーツを使い、シューのバランス取りで左右に微調整させられるお利口さんなんです。




コレ実は昔ブレーキカムをブチ折って交換した時から知ってた事なんですが、


効きが良かったので放ってました(爆)








しかし今年、遂にフロントブレーキの効きがリアを上回るというスプリンガー車両ではありえない状況にw


センターがズレはじめたようです…



危ないので修理です。






溶接してあるバカ箇所をサンダーで切断後、溶接を剥がします。



元の穴を綺麗に出し、磨いて塗装。



新品のピボットスタッドを組み込み、完成。



組み込んでブレーキを踏みつつピボットスタッドのナットを締めれば、はいド真ん中♪

新年のつっち〜家強襲に備え、ロックタイト(贋)を外し、ツールバッグを装着です。

これはこれでナ〜イス♪







ロックタイト(贋)はリベットが1本抜けたので補修&メンテナンスに入ります。




2007年メンテ  完です。


メンテトップ  



    
inserted by FC2 system